安物のギターを少しでも高く買取りしてもらう方法

楽器買取の関連知識

ギターの安物という点で、たしかに買取店へ持っていくのはおっくうに感じる方は多いでしょう。

買取店へ持っていく場合は、これなら値が張るだろうといった心持ちであることが、その買取店への足取りを軽くするからです。ですので、弦がサビサビで汚れたままの安いギターを持っていったところで、それは安値で叩かれるおそれもあります。

つまり、安物のギターであっても、それをどのように見せるかによって、価格の売買が違ってくるのです。ギターが安物であったら、まず徹底的に磨きましょう!

レモンオイルを楽器専用クロスかティッシュにつけて指板を磨き(メイプル指板はNG)、綿棒などでジャック部分を磨いたりします。あとはフレット部分は安物だと、ボコボコになっていたり綺麗な状態ではないので、これもフレット専用のクロスとクリームなど磨いたりすることが出来ます。

汚れをきれいに除去してから買い取りコーナーへ持参するのは必須ですね。

本物のギターが優れた音色を奏でるまでの素材でなければ、ギターをいくらかでも質の良いものに見せなくてはなりません。

ギターの使用感としても、荒く雑に使用していたのであるなら、それは使用法を間違って傷を付けてしまったものであり、買取価格には結びつかないでしょう。

楽器買取の比較 相場をしっかり確認する

そこで、買取店の比較というもので、自分のギターがどれほどの価格の差を持っているのかを調べることもできます。ただし、買い取り価格というのは専門家の間で通っている相場が存在しています。ですから、買い取りの専門師であれば、大体の同じ価格が付いてしまいます。

その買取価格の高額なところという点では、その買い取り店舗が有名所の中古品を扱っているという証明になりますので、逆に安物のギターを持っていくと、門前払いの可能性すらあります。

買い取り価格が高額であるという店舗のサンプルからまず確認しましょう。

その店舗にならんでいるブランドもののギターと比べて、自分のギターと比べると、おそらく買ってくれないのではないかと気づくはずです。ギターそのものの価格にならない場合は、セットやそのきれいに使用していた未使用感を演出しなくてはならないのです。

未使用感として自分の使用したギターがどれほどの演奏に役立ったかというのは、買取店では聞かれません。つまり、どれだけ使用していなかったが聞かれるのです。

買取店へギターを持っていって、高く売れるのは、ギターの演奏家のものではなく、所有者としての趣味があった人になっています。

楽器買取についての相場感覚を身につける

相場感覚というものは買い取り市場の間では、かなり流通した話になります。

相場感覚というのはいついつのモデルで製造年月がこのくらいでと言ったものです。つまり、ブランド・メーカーの作ったギターが買い取り市場では出回っています。

安物のギターを買い取りしてもらうのであれば、それは、そのギターを扱っている店舗の顧客層を見たら良いでしょう。たしかに高い価格では買い取りはないかもしれません。

大学生を例にすると、学生ではギターのケースを持ち運ぶことが趣味になりますので、ギターケースのソフトタイプを一緒に持っていくと、その分の買い取り価格に上乗せになります。

そして、ギターの弦専用の潤滑スプレーなどの未使用のものがあれば、その未開封分に関して、セットでの買取価格が高くなるでしょう。筆者は実際潤滑スプレーと使わなくなったケーブルをセットにしたら3千円くらい査定がアップしました。

これは、買い取り店舗の立地を見ればわかります。学生がすぐ利用するとして、このくらいのセットであれば、利用価値が上がるという寸法なのです。

高い市街地に持ってったとしても、そこはブランドギターの店舗になりますので、扱っているギターの顧客層が違います。この顧客層とは、ギターの視聴者ではなく、そのブランドギターのオーナーになるような人たちの事です。

自分の使用感とコツで次の所有者になる安物のギターは、きっと同じようなジャンルの人達を好むでしょう。

こちらの動画にも買取に関する内容を解説しているのでご覧ください。ちなみに3点目が意外と重要だったりします。


タイトルとURLをコピーしました