子供用の小さいエレキギターは買取できる?おすすめの買取方法を紹介

楽器買取の関連知識

子供のころに買ってもらった子供用エレキギターやアコースティックギター。まだ大切に保管をしているけれど、今は使っていないという方もいるのではないでしょうか。

思い出があるものだからこそ、捨てるのはもったいなく感じますが、家に置いてあっても場所を取るだけで困っている。そんなときには、買取にだしてみてはどうでしょうか。

そもそも楽器を買取に出すメリットは?

子供用の小さなギターであっても、使えるようなものであれば買取を行っている業者が少なくありません。ギター買取を依頼するメリットは2つあります。

1つめは物を有効活用できることです。

子供用といってもまだまだ使えるはずです。使えるのに捨ててしまえば、ただのゴミになってしまいます。現在の地球は温暖化が問題にされていて、3R(リデュース、リユース、リサイクル)が求められています。

買取に出すことはリユースに当たります。ギターを買い取ってもらい、新たに購入をする人がいれば、資源を有効活用できるのです。

2つめのメリットは現金を手に入れられることです。

買取価格は買取店や楽器の状態によりますが、いくらかは現金を手にすることができます。
楽器を捨てるときには地域のゴミ処分方法に従いますが、多くの場合は粗大ごみとして回収されます。

粗大ごみに出すには費用が必要!

捨てるためにお金がかかるのです。しかし、買取に出せばお金がかからないどころか、現金を手にすることができます。

ギターを売る方法は、楽器店の買取以外にもいくつかあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

オークションで売る

オークションは自分が売りたい価格設定を行うことができます。相場を知らなくても自由に価格設定が可能です。また、人気のある商品なら自分がつけた価格よりも高く買い取ってもらえる可能性もあります。

しかし、オークションに出品したからといってすぐに購入者が表れるわけではありません。そして、出品には手数料がかかります。

また、オークションに出品した商品が落札された場合は、商品の発送を自分で行う必要があります。ギターはデリケートな楽器なので、輸送中に破損しないように梱包には注意が必要です。

楽器店で売る

楽器店での楽器買取は、すぐに現金を手に入れることができます。その場で査定をして、その場で現金を手渡してくれるのです。

リサイクルショップとは違い、楽器店なら楽器に関する知識を持ったスタッフが査定をするので、適切な価格をつけてくれることが期待できます。

しかし、楽器店といっても得意とする楽器の分野が違ったり、スタッフの知識にばらつきがあります。そのため、楽器店によって査定金額が違うことがあります。

ネット専門の楽器買取業者で依頼する

楽器を専門に扱っているネット買取業者は、楽器店と同じように専門的な知識を持ったスタッフが査定をします。
ネット買取業者のメリットは、自宅にいながら買取を行ってもらえることです。まずは買取申し込みをします。業者によっては申し込み後に梱包キットが届きます。梱包をしたら楽器を発送します。宅配業者に自宅への荷物の回収を依頼することもできます。品物が買取業者に届いたら査定され、査定金額に納得したら買取成立です。銀行振込などで買取り金額が振り込まれます。

セカンドストリートで楽器を売ってみたら

さまざまなネット買取業者がありますが、おすすめはセカンドストリートです。

セカンドストリートは、実店舗とオンラインストアで中古品の買取と販売を行っているリユースショップです。洋服、家具、家電など、さまざまなジャンルの品物を扱っています。ブランドものだけでなく、ノーブランドのものも、査定・買取をします。もちろん、ギターの買取も行っています。

ギターは店舗買取または宅配買取が可能です。セカンドストーリーは全国に約600店舗を展開していますが、近くに店舗がない場合でも宅配買取を利用できて便利です。

梱包に使用するダンボール箱は無料で用意してくれて、希望日時に集荷をしてくれます。

実店舗での買取価格は地域の需要に左右されますが、宅配買取は全国中古相場を基準にしています。知識と経験のあるバイヤーが査定を行い、買取マニュアルや独自の査定用ソフトなどを活用しているため、一貫性のある査定です。

自宅にいながら簡単に楽器を買い取ってもらえるセカンドストリートも手軽でいいと思いますよ♪

<無料見積り>売れるか分からない楽器も「楽器の買取屋さん」にお任せ!
↓↓↓


タイトルとURLをコピーしました