「ちょっと待った!」楽器買取する前に高く査定される交渉術を知ろう

楽器買取の関連知識

楽器で買取をしてもらうときは、出来るだけ高く買取をしてほしいですよね。

査定してもらうときに、業者は「○○円になりますが、どうでしょうか?」と確認をします。ほとんどの人はよほど、おかしな値段ではない限り「いいです」と言ってしまうのですが、ここであきらめてはいけません。

もっと買取額を値上げする交渉方法があるのでそれを紹介します。

他社への査定額を伝える

大事な楽器を買取してもらうのだから、1社だけで決めてしまうのはもったいないですよね。

本当に他社に査定してもらっているなら、その額を言いましょう。ただ、本当に他社と比べて、今買取してもらっている業者の方が高ければ言えないですよね。

もし、他社の方が高いならその価格を正直に言い、もし、他社の方が安ければ、今言われた価格の少し上を言いましょう。つまり、他社への査定額を伝えると業者の競争心が煽られて査定をアップしてくれることがあります(業者の人間によるところもあります)。

他社への査定額やほかにも査定を依頼していることを伝えることは交渉に有利なることがあるので、比較するようなことを言うと良いですね。

希望額があってもはっきりと言わない

査定額が出るまで少なくてもこちらからは希望する買取価格はあえて言わないのがテクニックです。まだ、はっきりと査定額が決まっていないのに、こちらから希望額を言ってしまうと、主導権を向こうに握られてしまう可能性があります。

交渉するときは、お客さん側が主導権を握ることが大切なので、最初からいくらが良いなどの査定額を言わないことが大切です。

即決をしない

「今この場で即決すればいくら上乗せします」などといわれることがあるかもしれません。そうするとつい、早くしないととあせってしまうことがありますが、ここで即決をしてはいけません。

その価格は本当に適正価格なのか冷静に見極める必要があります。

特に「買取価格をアップします」と言われると、こちら側はお得感を感じてしまい、その場でOKしてしまいそうになりますが、その手には乗らないようにしましょう。買取業者はお客様が他社へ買取をしてもらう前に他社との査定額を比較する猶予を与えないようにしてきます。ですので、即決しないで、もしまだ他社で査定してもらっていないなら、他社と比べてからにしましょう。その上で高値がつきそうなところを選ぶことが大切です。

何故この金額になるか聞く

もし、買取価格に納得がいかないなら、その内訳を聞いてみるようにしましょう。

ボディ、傷、付属品など詳しく教えてもらえるのでそこで不備に気が付くこともあるでしょう。もし、付属品がないなどこちら側に落ち度があるなら、それをつけることで買取価格が変わる可能性があります。

気になる点があるならこの金額になった理由をしっかりと説明してもらうことが大切です。

他店に査定しにいくことを伝える

見積もりの査定額を出してもらったら今から別のお店にも査定しにいくことを伝えておきましょう。

どうしても買取したいほどの目玉商品になっているようであれば一番高い価格で買取したいということや、いくらであれば売ってくれるのか聞いてきます。また、お店によっては、どのお店よりも高値で買うことをウリにしているなら、他店よりも高く買い取ろうとしてくれるので、買取価格を上げてくるところもあります。

どの業者もほかのお店には取られたくないと思っているので、買取額を上げてくれる場合があります。もし、店頭に査定にしにいく場合は先に下準備としてネットで相場を調べておいた方が良いでしょう。

お店側からいくらが希望か聞かれたときに、相場より少しだけ高い金額ならOKしてもらえることがあります。

いくら、他店に取られたくなくても、相場よりもまったく違うような金額を伝えられたら、応じることが出来ないので、必ず相場を知っておき、その相場よりも少し高い金額を伝えるのがポイントです。

他店に持っていくということを伝えて、競争心を煽るようにすると、意外とあっさりと金額を上げてくれる場合がありますよ。

買取交渉の心得 まとめ

このように、楽器の査定額を少しでもあげてくれる交渉術について紹介しました。

業者も人間なので、上から言われるとイラっときてしまいます。もちろん主導権はこちら側が握らなければいけないのですが、やはり、あまり威圧的に言うのはやめましょう。

こちらが主導権を握りつつ、冷静に交渉をしましょう。また、楽器のことを知らないというように言うと、相手は「何もしらない客」だと判断して価格を上げることが難しくなります。

また、「必要がない」など楽器に対して愛着がないような発言をするのもNGです。「今まで大切に使ってきた」と愛着があるような発言をして、「大事な楽器だから少しでも高い金額で買取してもらえる業者を選びたい」ということを伝えるようにしましょう。

そうすれば業者も「大切にしているなら」と値段をあげてくれる可能性がありますよ♪

タイトルとURLをコピーしました