【楽器の買取屋さん】で改造した安物のギターとパーツの査定額は?

昔使っていたギターやエフェクターを売りたいけど、どこでどのように売れば良いか分からず困っている方はたくさんいます。
実際に私もそんな迷える元ギタリストの1人でした。

私の所有するギターは「セミアコ、ストラト2本、ジャガー、アコギ2本」を持っていますが、今回ストラト2本あるうちの1本を買取業者に出しました。

↑このストラトなんですが、結構こだわりがありまして、ヴィンテージ加工のパーツを色々取り付けたりと元々はそんなに高くないギターをヴィンテージ同様のギターにしたらどんな買取査定になったかを記事にしました。

その他にも楽器の買取に悩む方へ向けて、私が過去に複数の楽器買取業者を検討したときに買取をしてもらった【楽器の買取屋さん】の魅力、実際の体験談を交えながらご紹介していきます。

この記事を読むことで楽器の買取屋さんは他の業者に比べてどんなところに強みがあるのか、ギターやエフェクターの買取をどのように進めれば良いのかが理解できますので、じっくり読んでみてください。

楽器の買取屋さんのサイトを見て感じたこと

実際に出したヴィンテージ仕様のギターの細かな話の前に、楽器の買取屋さんのサイトを見て感じたこと、買取に至るまでの流れを説明します。

私も自分のギターを売る際には様々な店舗をWebサイト経由で調べました。

買取を依頼するにあたって重要視した3つのポイント

そもそも、店舗を探すにあたって私が重要視したポイントは3つありました。

1つ目は信頼のおける会社であるかということ
2つ目は宅配買取ができること
3つ目は適正な査定金額を提示してくれるかどうかです。

信頼のおける会社である

楽器の買取屋さんのサイトを見ると楽器買取専門店であることが分かります。
買取だけに特化している会社として事業を継続出来ているのが何よりの信頼の証です。

宅配OK

仕事が忙しくてなかなか店舗に行く機会を作れないので宅配がOKかどうかはかなり重要なポイントでした。

査定金額

サイトにも「他店さんの買取額提示でその金額から10%アップ」と明示しているくらいですから、査定金額に対する期待も込めての選出です。

楽器の買取屋さんに依頼することを決意

楽器買取を行っている会社はたくさんありますから、検討材料・比較要素は目白押しでした。

各会社を比較する中でも買取実績が豊富なこと、幅広いブランドにも対応していることは魅力でもあります。

豊富な楽器買取実績もありますし、そもそも楽器を売りたいと思っていてもブランドが合わずに買い取ってもらえないケースもあるでしょう。実際に私もそれを一番心配していましたが、楽器の買取屋さんは豊富なブランドをカバーしているため、安心して相談できました。

タイトルにもある通り、安いギターというのは島村楽器オリジナルのCoolZというHISTORY(ヒストリー)の次に有名なオリジナルブランドです。

まぁ、安いと言っても10年前に買った当初は6万8千円で購入したので決して安い額ではありませんが…

その買取をしてもらったCoolZギターの買取実績が楽器の買取屋さんに電話で聞いたところ「ある」と言ってくれたことも背中を後押ししてくれました。

<無料見積り>楽器の買取屋さんはこちらです
↓↓↓


楽器の買取屋さんで買取可能なギターブランド(一例)

フェンダー(Fender)、ギブソン(Gibson)、イーエスピー(ESP)、エピフォン(epiphone)、スクワイヤー(squire)、スタインバーガー(steinberger)、サー(suhr)、タカミネ(takamine)、セルダー(selder)、シャーベル(charvel)、テスコ(tesco)、ハニービー(honey bee)、マーチン(martin)、モーリス(morris)、モモセ(momose)、ヤイリ(K.Yairi)、リッケンバッカー(rickenbacker)、レジェンド(legend)、グレッチ(gretsch)、フォトジェニック(photogenic)、ランバー(lumber)、アイバニーズ(Ibanez)

また、ギタリストにとっては欠かせないエフェクターの買取も行っており、ヴィンテージものも含めて対応してくれます。

楽器の買取屋さんに決めた4つの理由!

最終的に下記の4つの理由が決め手で楽器の買取屋さんで愛用していたCoolZを買い取ってもらうことにしました。

楽器買取専門店だからこその高値買取

ギターを売りに出そうと決意をするにあたって多くの人が気にするのが査定価格でしょう。
楽器の買取屋さんは楽器買取専門店として事業を特化させており、楽器の販売は行っていません。
店舗運営費や人件費が発生しないので、その分を買取価格に上乗せすることができるという価格が高くなりやすい仕組みを導入しています。

他店との査定金額比較もできて他店で出された買取価格を提示すればその金額からさらに10%アップで査定すると明記しています。

最短で即日現金振込が可能

私の場合は最優先事項ではなかったですが、振込が早く行われるかが重要と考える人もいるでしょう。

特に目の前のお金に困っている場合などは少しくらいの差であれば現金振込が早い方を選ぶという人もいるくらいです。

その点、楽器の買取屋さんは最短即日振込をしてくれます。出張買取で現地での買取が決まればその場で現金を渡してくれるので、お金に困っている人にとってみれば嬉しいポイントです。
多くの楽器屋ではおよそ2~3営業日かかるのが一般的ですから、差別化につながっています。

1都2府24県に対応する出張買取は22時まで利用可能

長野にいた頃、一度出張買取を利用しましたが、訪問出張買取はとても嬉しいサービスです。

対応範囲も幅広く、1都2府24県で利用可能です。しかも電話をしてから場所によっては最短で30分で駆けつけてくれて、もちろんその場で査定して買取が決まれば即現金化となります。

さらに、夜22時まで営業しているため、忙しい人でも査定をしてもらうことが可能です。
もし査定金額に満足がいかない場合はキャンセルしたとしても費用は発生しません。

手数料が一切かからず宅配買取ができる

出張買取が難しくても宅配買取が選べます。

しかも「発送手数料」は一切負担することなく全て業者任せにすることができるので驚きでした。

実際に私もこの方法で査定に臨みましたが、本当に驚くほど手間がかからず感謝しかなかったです。

個人情報についてもプライバシーマークに則って厳密に管理をしているため安心できます。

宅配買取であれば全国どこからでも発送可能ですから、店舗にもいけず諦めかけていた方には希望となります。

買取してもらったギターの詳細

ここからは、より具体的に私が実際に取引したギターの買取事例をご紹介していきます。

まず、今回は私が手放すことになったのは先ほども紹介しましたが、島村楽器で購入したCoolZというギターです。

Made in Japanモデルとして知っている人は知っているCoolZですが、新品で購入するとなると6、7万くらいの価格でしょうか。

長年使い続けてきたギターではありますので、コーティングが剥がれたり、傷も多かったのでそこは査定額に響くだろうと諦めていました。なんせこんな削れてしまってますからね・・・

レリック加工にしてみようとやすりで削ったのですがなかなかうまくいかずちょっと見た目が汚い感じになってしまいました。

ヴィンテージ仕様に大切なパーツの紹介

パーツはほとんど自分で入れ替えており、例えばピックアップはトモ藤田(バークリー音楽院助教授、教え子にJohn Mayerなど)シグネチャーのピックアップに交換するなどヴィンテージ仕様にしていました。

GRINNING DOG® studio
Funkmaster ファンクマスター GRINNING DOG グリニングドッグ グリニングドッグ工房 ピックアップ修理 ピックアップの修理 ピックアップ リワインド ピックアップリペア PICKUP REPAIR PICKUP修理 リペアー クリアーサウンド クリアーなナチュラルな トモ藤田 Tomo Fujita...

出典:GRINNING DOG 公式サイト

ブリッジスプリングは「Raw Vintage」というヴィンテージパーツを再現しているブランドです。

特にブリッジはカッティングの歯切れがよくなり、歪ました時の倍音も抜群!弦切れも軽減されました。

フレットは、ジャンボの6105

ポットは、「Emerson」というブランドで、”S5-BLEND”ブレンダーポットになります。これに替えてから音のメリハリがつきました。

トレモロブロックは、インチサイズのアーニーボール製です。

ストリングガイドは、フェンダーUSA製

ナットはsonic製のオイル漬け牛骨ナット

改造ギターはそもそも売れるのか?

改造ギターは高値で売れるのか気になったため調べたところ、改造する部品や改造後のサウンドの品質、取り替えたパーツの証明書があるか、改造作業自体のクオリティなどが価格に影響を与えることが分かりました。

買取価格が高くなりやすい改造

・ピックアップ交換(元のピックアップより高品質、GRINNING DOGみたいな希少性があるか)

・内部配線交換(コンデンサー、スイッチ、ボリューム、ポッド、ジャックなど)

買取価格が下がりやすい改造

・ロックピンへの交換

・ナット交換

ペグ交換

ペグなんですが、もとのペグから「GOTOH製」のロック式に交換しました。

ロック式はチューニングが狂いにくく、弦張りが楽な印象があります。

そして、弦をペグにいっぱい巻かなくてもテンション感を稼げるというところがいいのですが、一般的なペグしか知らない人には不便に感じ、ロック式の普及率を考えると査定額にマイナスに響くと思います。

・ボディ改造

・塗装

楽器の買取屋さんへの問い合わせ方法

楽器の買取屋さんで買取を行ってもらう場合は電話問い合わせをするか、Webサイト上で申し込みフォームから依頼をする2パターンがあります。

電話対応の場合は、
フリーダイヤル0120-789-986に電話をかけます。
年中無休ですが、営業時間が10:00~22:00となっております。
上手くいけば電話をしてから最短30分で出張買取に来てくれます。

申し込みフォームの場合は、
Webサイト上から申し込むことが可能です。
http://gakkikaitori.jp/

記載内容は必須
・お名前
・郵便番号/住所
・電話番号
・メールアドレス
・お問い合わせ内容

急ぎの査定をしたい場合は電話対応がおすすめです。
また、買取手段としては、「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」「法人買取」「大量買取」の5パターンがあります。
いずれにしても先ずは相談をしてみるのが良いでしょう。

楽器買取リアルレポート

ここでは実際に私が楽器を売るまでのリアルな体験を紹介していきます。

約10年間に渡って連れ添った相棒CoolZでしたが、他のギターをもう一本どうしても欲しくなりストラトもう一本ありますが、売りたくないけど、売るとしたら音のバランス的にCoolZという判断になり、手放すことを決意しました。

もちろんですが、買取をするつもりで購入していなかったので、そもそも楽器の買取なんて出来るのかとすごく不安でしたが、ネットで色々調べていくうちに思ったより買取業者がたくさんあることが分かり驚きました。

ギター買取価格の比較は?

買取をする上でのポイントとして複数社での買取価格の比較をした方が良いと複数の記事に書かれていましたので、それに従い複数社で買取価格を出してもらいました。

最も高く価格を提示してくれたのが楽器の買取屋さんだったので、最終的に楽器の買取屋さんに決めたということです。

査定・現金化までがめちゃくちゃ早い

他の会社での買取価格を取っていたので、楽器の買取屋さんで提示された価格がそれよりも高いことが分かり、即契約を決めました。

電話対応も丁寧でしたし、買取が成立してからの入金もめちゃくちゃ早く、その日のうちには口座に振り込まれていました。

ピックアップが評価されて買取額アップ

改造ギターだったのでどこまで値がつくか不安だったのですが、結果的にピックアップなど数点のパーツがヴィンテージ仕様として評価をいただけて既製品を買取に出すよりも若干高めに買い取ってもらえました。
スタッフの対応も丁寧でしたし、ギターの知識も豊富で安心して任せることができました。

楽器の買取屋さんで改造ギターを売ってのまとめ

今回は私が島村楽器のCoolZを買い取ってもらった体験談を交えながら楽器の買取屋さんの魅力を紹介してきました。

結果からすると大満足の買取で、長年の相棒が新しいギタリストの元へと渡るのが嬉しくて仕方がありません。

丁寧かつ迅速に、しかも査定金額も他社に勝る満足のいく金額を提示してくれた楽器の買取屋さんには本当に感謝です。
ギターやエフェクター、その他楽器の買取でお悩みの方は先ずは気軽に相談、そして無料査定を受けてみることをおすすめします。


住所 〒232-0051 神奈川県横浜市南区井土ケ谷上町15-5-1F
【宅配買取送り先 横浜本倉庫】↓
〒236-0004 神奈川県横浜市金沢区福浦2丁目9-7
営業時間 10:00-22:00 年中無休
公式サイトURL http://gakkikaitori.jp/
評価
4

 

ただ、楽器の買取屋さんのホームページが更新されていないようで記載はされていませんが、注意事項として楽器を送る際の梱包材などはお客様負担となってしまうのでご注意ください。

査定料、出張料、搬出料、査定に納得いかなかった時の返送料やキャンセル料はすべて無料です。

タイトルとURLをコピーしました